北国からの贈り物

好き嫌いの問題じゃない! 大人も要注意の甲殻類(エビ・カニ)アレルギーとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲殻類アレルギー

かにを食べる時に、またかにを誰かに食べさせる時に注意したいのが「甲殻類アレルギー」の存在。甲殻類アレルギーは、カニアレルギーやエビアレルギーとも呼ばれる食物アレルギーの一種です。

食物アレルギーだと、卵、小麦、そば、牛乳、魚介類が良く知られていますが、甲殻類アレルギーもあります。甲殻類アレルギーは大人になってから「ある日突然」発症するケースも多いです。

甲殻類アレルギーの原因食物

甲殻類は、エビ、かに、ヤドカリ、シャコ、ミジンコ、ザリガニ、ダンゴムシなどの節足動物のことを指します。堅い甲羅で身体が覆われているのが特徴的です。

甲殻類の食材と知られているものを4つ挙げてみました。

  • エビ
  • かに
  • タラバガニ(ヤドカリの仲間)
  • シャコ

またアレルギー抗原の特徴が良く似ている「イカ」や「タコ」も、甲殻類アレルギーと同じ反応を起こすことが知られているので、食べる時、食べさせる時は気を付けましょう。

相手に無理にカニやエビを食べさせないこと

食物アレルギーに関しては「好き嫌いの問題だ」「慣れれば食べられるようになる」と勘違いしている人も少なからずいるようです。

「何度言っても分からない義実家や会社の上司に、食物アレルギーの怖さを教える為、アレルギー食品を食べて酷い姿になった自分を見せた」という、命がけの行為をした話をネットで見ることがあります。

食物アレルギーは下手をすると、命に関わる症状が出ることもあります。
「美味しいから」「食べてみないと分からない」などと言って、無理に相手に食べさせることがないようにしましょう。また甲殻類アレルギーが分かった後に「昔、大好物だったから」と言って、食べるのも絶対に避けて下さい。

また、かにの姿をした「カニカマ」は魚のすり身を使ったかまぼこですが、風味付けとして「かにエキス(かに抽出物)」が入っているので、カニカマにも同様に気を付けましょう。

かに本舗

カテゴリ:かにを食べる時の注意点