北国からの贈り物

頭は最後まで捨てるな! 締めに欠かせないかにの甲羅レシピ5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

かにの甲羅レシピ

かにの甲羅を使ったレシピを5つまとめてみました。
丸々一杯のかにが手に入った時は、是非試してみて下さい。

かにみそと一緒に甲羅焼き

七輪などを使って網焼きでかに焼きを楽しんだ後は、甲羅焼きが良いですね。
甲羅焼きはオーブントースターやオーブン、魚焼きグリルでも簡単に作れます。

材料:
かにの甲羅......1杯
かにみそ......大さじ1
酒......大さじ1
みりん......大さじ1

作り方:
かにみそ、酒、みりんをそれぞれ甲羅に入れて焦げ目がつくまで焼く。

かにみそは元々しょっぱいので、塩や醤油は入れません。かに身が残っていれば、入れてしまいましょう。かにの甲羅焼きは日本酒のアテ、肴にも良く合います。

甲羅を皿にかにみそご飯

かにみそとご飯との相性は抜群。
甲羅焼きで楽しんだ後に、甲羅にご飯を詰めて食べると、何とも豪勢な甲羅にはいったかにみそご飯になります。

甲羅焼きにしなくても、ちょっと残ったかにみそにかに酢をかけてご飯を入れても、勿論美味しいです。かに酢を入れることで、かにみその臭みが消えてマイルドな味わいになります。

酒好きには欠かせない甲羅酒

お酒好きな人なら、試してみたいのが「甲羅酒」です。

かにみそをあらかた食べ尽くしたら、甲羅をアルミホイルで包み、日本酒を入れます。
七輪などの網の上や、オーブントースターやオーブン、魚焼きグリルで人肌程度まで温まったら完成。

かにみそが多めだと、より風味豊かな甲羅酒になります。
使う日本酒は家にあるお酒で充分だと思いますが、熱燗にして美味しいものを使うと、かにみそと日本酒、それぞれの味を更に引き立ててくれます。

洋風にかにの甲羅でグラタン

かにの甲羅を使ったグラタンです。ちょっといつもとは違ったリッチ感が演出できます。

材料(1人分):
かにの甲羅......1杯分
玉ねぎ......1/4個
ホワイトソース......50~100g
溶けるチーズ......適量
バター......少々
塩こしょう......少々

1.甲羅は中身を取り出した後、綺麗に洗って乾かしておく。
2.薄切りにした玉ねぎをバターで炒めた後、ホワイトソースを加える。
3.塩こしょうで味を整えたら、かにの甲羅に入れる。
4.チーズを載せてオーブンやオーブントースターで、10~20分ほど焦げ目がつくまで焼く。

かに鍋は最後に頭を入れること

かに鍋をする時は、頭部分は鍋の最後に入れます。

最初から入れると、せっかくのかにみそが流れてしまって勿体無いのです。
あらかた食べ終わった後「そろそろ締めかな」というタイミングで、かにの頭を入れます。

かにの頭が甲羅酒や甲羅焼きなどに向いていない大きさな時は、試してみて下さい。
その後はご飯を入れて雑炊にしたり、うどんを入れたりして、最後までかに鍋を楽しめます。

かに本舗

カテゴリ:かに料理