北国からの贈り物

値段や味は変わる?ズワイガニと松葉ガニの3つの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

松葉ガニ

贈答品や高級品として良く聞く「松葉ガニ」ですが、ズワイガニとの違いは何にあるのでしょうか?

ズワイガニと松葉ガニの違い

ズワイガニと松葉ガニの違いは、大きく分けて「産地」「味」「値段」の3つあります。

産地

ズワイガニは穫れた地域によって名前が変わるかにですが、松葉ガニは京都、兵庫、鳥取、島根で獲れるオスのズワイガニのことを言います。

山陰などで穫れたズワイガニ=松葉ガニです。
メスのズワイガニは「コッペガニ」「セイコガニ」「親ガニ」と呼ばれています。

「ズワイガニと紅ズワイガニ」、「タラバガニと花咲ガニ」と言うような、別の種類のかにではありません。要するに「松葉ガニはブランド名」な訳です。

一言に「松葉ガニ」と言っても、地域によって別のブランド名が付いていることがあります。

  • 間人ガニ(京都府丹後町・間人漁港)
  • 津居山ガニ(兵庫・津居山港)
  • 柴山ガニ(兵庫・柴山漁港)
  • 隠岐松葉ガニ(島根・隠岐諸島)
  • 鳥取松葉ガニ(鳥取)

また福井のズワイガニは「越前ガニ」、石川では「加能ガニ」と呼ばれています。

松葉ガニは獲れる産地によって味が異なりますが、口コミでは「濃厚で上品な美味しさ」「質が高く締まりが良いかに身」などと評されています。

ズワイガニよりも足がやや細いので、かに身は大変貴重です。ズワイガニ、松葉ガニ、タラバガニ、毛ガニとそれぞれ食べ比べをしてみるのも良いかもしれません。

値段

松葉ガニは、丸ごと一杯の値段は活きた松葉ガニで700g前後で17,800円。
一般的なズワイガニの値段が4,000~8,000円なことも考えると、2~5倍ほどの差があります。

松葉ガニの値段分買おうと思えば、ズワイガニが2~5杯も多く買える訳です。さすがは高級ブランドかにと言った所です。

値段の参考
松葉ガニ:浜坂ブランド松葉ガニ専門店「活×2カニ.com」

松葉ガニに付いているタグの意味は?

松葉ガニによって、タグ付きのものと、タグ無しのものがあります。

松葉ガニが水揚げされる一部の漁港で「○○漁港で穫れたかに」の証明や「足がきちんと揃っている」などの品質を示すものとして、タグを付けているのです。

タグ付き、タグ無し関わらず松葉ガニであることは変わりありません。
しかしながら、タグ付きということで値段がやや高い印象です。

松葉ガニの通販サイト

松葉ガニが通販で買える所は、ほとんどありませんが浜坂ブランド松葉ガニ専門店「活×2カニ.com」で、浜坂産の特上松葉ガニを専門に扱っています。

浜坂港(はまさかこう)は鳥取県に近くの兵庫県美方にあり、松葉ガニの日本一の水揚げ量を誇る港です。

活×2カニ.comでは、その浜坂港のタグ付き松葉ガニを購入できます。
ブランドガニなので値段は他のズワイガニと比べて高価ですが、贈答品やお歳暮ギフトとしての人気が高いです。

浜坂からの産地直送品なので、運が良ければ活きた新鮮な松葉ガニが届けられることもあります。活松葉ガニは解禁日の11月以降から3月中旬まで送料無料で購入できます。

かに本舗

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:食用カニの種類