【2015年】ふるさと納税でカニを味わう!おすすめ自治体ランキングTop3

ふるさと納税でかにがもらえる自治体ランキング

「実質2,000円の負担で、日本各地の自治体から人気の特産品がもらえる」と、多くの人が利用しているふるさと納税

ふるさと納税を上手く利用すると、冬になると何かと話題に上がり「美味しいのが食べたいなぁ……」と思う、冬の味覚の王様「かに」をお得に楽しむことができます。

以前までは、かにの種類に応じて摂れる地域が限定されていたり、漁期が一定の時期にしか無かったりすることで、ふるさと納税の特産品として「かに」を提供している自治体は限られていました。

※ズワイガニの解禁日は11月6日(富山より西の海域)。漁期は11月6日~日~翌年3月20日(オスガニの場合)。
関連リンク:いち早く食べたい!ズワイガニなど主要4種類のかに解禁日まとめ

今年は食べやすい「カニ脚」や「ポーション」を含め、特産品としてかにを用意する自治体は40以上と、以前よりも格段に手に入りやすくなっています。

制度改定で以前よりも簡単に手続き可能になったふるさと納税で、美味しいかにを是非とも取り寄せてみてはいかがでしょうか?

2015年のふるさと納税はココが変わった

2015年1月に閣議決定されたふるさと納税の制度改定により、ふるさと納税が更にお得に使いやすくなりました。

・実質2,000円負担は変わらず、寄附額の上限が2倍に
・5つの自治体までなら確定申告が不要

寄附額の上限が2倍にアップ

そもそも、ふるさと納税とは簡単に言うと「各自治体への寄付金制度」です。

寄付した翌年に、寄付金控除の適用下限金額「2,000円」を越える部分は、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除の対象になります。

例えば以前まで控除額が4万円だった人は、2015年は2倍の8万円を寄附しても、実質の負担金額は2,000円で変わりません。

控除対象になる金額以内(年収や家族構成によって異なる)に抑えれば、かなりお得な節税対策になりますね。

5つの自治体までなら確定申告が不要

2015年4月1日から寄附先が1年間に5つの自治体以下であれば、翌年2~3月の確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」が使えます。

対象になるのは下記の2点の条件を満たす人です。

  • 2015年1月1日~3月31日までに、ふるさと納税をしていない。
  • 確定申告をする必要がない会社員など。

2015年1月1日~3月31日にふるさと納税をしていたり、確定申告が必要な自営業者や高取得者などは、ワンストップ特例制度の対象外。以前と同じく確定申告を行ないます。

6回以上ふるさと納税を行なっても、寄附先が5つの自治体であれば、確定申告の必要がありません。

では、ふるさと納税でかにを提供している中でも、個人的に「これはスゴい!」と思った、おすすめ自治体をランキング形式で紹介します。宜しければ自治体選びの参考にしてみて下さい。

一口で「かに」と言っても、種類や量、金額、受取可能期間は様々。
ふるさと納税のまとめサイトも数多くあるので、色々と調べてみても面白いです。

1位:水揚げ量日本一!鳥取県境港市

浜茹で紅ずわいがに3枚入り

紅ズワイガニと松葉ガニの水揚げ量日本一で知られる境港市(さかいみなとし)。

※松葉ガニとは日本海で育ち、山陰沖で水揚げされたズワイガニのブランドがにのこと。
数あるブランドがにの中でも松葉ガニは特に有名です。

その為、紅ズワイガニやズワイガニに関する特産品が「選び放題」と言わんばかりに、種類多く取り扱われています。

【寄付金額:10,000円】
・境港産紅ズワイ脚肉・爪肉セット 
・浜茹で紅ずわいがに3枚入り
・境港産ボイル松葉がに1尾
・ボイルズワイガニ1㎏
・ずわいがに切り足(ボイル)
・紅ズワイガニ3点セット
……など

その中でも人気が高いのが「境港産ボイル松葉がに」と「浜茹で紅ずわいがに3枚入り」

境港産ボイル松葉がに

特産品でもらえる松葉ガニ1尾は足欠け(1~2本)の大中サイズ。
自宅に居ながら身がぎっしり入った上品な味わいの松葉ガニを、身からカニみそまで丸ごと味わえます。

家族が多い人や「ズワイガニ以外のカニも食べたい」という人は、「境港産ボイル紅ずわいがに3尾」がおすすめ。

独特の甘くてみずみずしいかに身や、濃厚なカニみそが詰まった紅ズワイガニが3尾もあるので、そのまま食べるだけではなく、様々な料理にも使えます。

配達可能日は各カニの解禁日から漁期までに限定されているので、旬な時期にふるさと納税を行なう必要があります。冷凍品では無いので、到着後2日以内に味わい尽くして下さい。

【条件】
・1万円以上を「魚と鬼太郎のまち境港ふるさと基金」に寄附。
・寄付金額が1万円以上3万円未満の場合は1点。3万円以上の場合は2点。
・1年度(4月~翌3月)ごとに一人1回。

【寄付金の使いみち】
・日本の渚100選に選ばれた「弓ヶ浜」、「中海」の自然景観、生活環境の保全。
・境港市の産業(水産業、農業、商工業、貿易)に関する事業。
・観光情報発信や「水木しげる記念館」リニューアルやイベント開催に関する事業。
・子育て支援、教育環境の充実に関する支援。

関連サイト:境港市ふるさと納税サイト

2位:大ボリュームが魅力!福岡県福智町

タラバ脚1kg

福岡県の中央部にある福智町(ふくちまち)。
元々は炭鉱の町で、伝統工芸の「上野焼(あがのやき)」で有名です。

内陸で海に面している訳ではありませんが、炭鉱の時代から鮮魚にはうるさい土地柄。
荷揚げからセリまで漁港さながらの光景が見られる「筑豊魚市場」より「ズワイガニ」や「タラバガニ」を存分に楽しめる特産品を用意しています。

ふるさと納税にポイント制度を導入しており(1万円で5,000ポイント。以降5,000円ごとに2,500ポイントがもらえる)、14,000円分のポイントで「ズワイガニ脚2kg」や「タラバ脚1kg」がもらえます。

とれたての鮮度のままボイル後、急速冷凍されているので、漁期に関係なく、ほぼ1年中美味しいかにを味わうことができます。

寄附は年度内に何度でも可能で、貯まったポイントは翌年度に繰越もできるので「今年と去年でポイントを積み立てて、豪華な特産品を受け取る」という使い方も◎。

【条件】
・5,000円以上の寄附で特産品がもらえる。
・寄附金額の半分の数字のポイントが付与される。
・寄附は年度内に何度でも可能。
・寄附するごとにポイントが貯まり、翌年度に繰越もできる。

【選べる使いみち】
・活力あるまちづくり事業
・住んでみたくなるまちづくり事業
・魅力ある人づくり事業

関連サイト:福智町ふるさと納税特設サイト

3位:毛がに漁獲高日本一!北海道枝幸町

毛がに

毛がにの漁獲高日本一の枝幸町(えさしちょう)。
毎年7月に開催される「枝幸かにまつり」は、北海道外から多くの観光客で賑わいます。

枝幸町のふるさと納税の特産品で、やはり人気が高いのが、10,000円の寄附でもらえる「オホーツクの旨さ!毛ガニ(チルド)2尾」

毛がにはクリーミーな「カニみそ」と独特な濃厚の味のかに身が特徴的。「かに身にカニみそを付けて食べる贅沢」が、存分に楽しめます。

ボイル済みの冷蔵毛がには、茹でたり解凍したりする手間なく、食べられるのも良いですね。その代わり、配送は3月中旬~4月下旬までの期間限定になっています。

他自治体の特産品でズワイガニや紅ズワイガニが終わった後でも大丈夫ですね。

賞味期間は冷蔵5日。届いたら早め早めに味わい尽くしましょう。
具体的なお届けの日時指定はできませんが、長期不在の予定や配達曜日に希望があれば要望欄に記入しておくと、対応してくれます。

【条件】
・「枝幸町ふるさと未来応援基金」に積立。
・1回10,000円以上を寄付した人が対象。
・お礼の品コースの合計金額が、寄附金額の範囲内ならば、お礼の品より最大5品までの組み合わせが可能。

【選べる使いみち】
・まちづくり応援事業
・子育て、教育応援事業
・福祉、医療応援事業

関連サイト:ふるさと情報 – 枝幸町ホームページ

いかがでしたか?

ふるさと納税の制度改定や、多くの人が利用するようになったことで、各地の自治体が特産品に力を入れるようになりました。

「カニ」もその中の一つ。
例年と比較しても、かなりの自治体がカニを特産品として用意しています。

密輸対策の強化でロシアからのカニ(特にタラバガニとズワイガニ)の輸入が大幅に下がったり、日本でとれるカニ資源が減少したりした影響で、今年のカニの値段は全体的に高くなっています。

※実際に去年までは、カニ食べ放題を実施していたお店が今年は食べ放題を行なっていなかったり、1人あたりの料金が500~1,000円ほど値上がりしています。

その為、実質負担金額が2,000円で、各地方名産のカニが手に入るのは、ものすごくお得。

今まで確定申告が面倒で、ふるさと納税を考えていなかった人でも、5つの自治体までの寄附であれば、確定申告が不要なので、かなり利用しやすくなりました。

今年の冬は、ふるさと納税で美味しいかにを取り寄せてみてはいかがでしょうか?

色々と調べてみると「この地域でも、かにが有名なのか」と新たな発見もあったりして、ふるさと納税だけではなく、実際にカニ食べ旅行に行く切っ掛けになるかもしれませんね。

境港の松葉ガニや紅ズワイガニが食べられる「かに小屋」松江市で期間限定オープン

かに小屋

冬の味覚、松葉ガニや紅ズワイガニを自分で焼いて気軽に食べられる「かに小屋」が、松江市の松江港で期間限定オープンします。

境港で水揚げされた、ブランドズワイガニ「松葉ガニ」が1杯2,000~2,800円や、みずみずしく淡白な味わいが楽しめる「紅ズワイガニ」が800円~1,200円と、かなり安い価格で食べられると毎年人気を集めています。

カニ以外にもホタテやサザエ、島根特産干魚、カニ汁などの海の幸や、ビールや酎ハイ、日本酒が進むサイドメニューも充実しています。

かに小屋の利用方法は以下の通り。

  • 1.カニや魚介類、飲み物を選ぶ。
  • 2.代金を支払う。
  • 3.席に座って、焼いて食べる。

ほとんどセルフサービスなので、その分美味しいカニや魚介類が安い価格で食べられます。

自分で食べたい食材を選んで、焼いたり、食べたりするBBQ的な食べ方が好きな人にとっては、特に楽しめると思います。

かに小屋は「冬場の観光客を増やそう」と、まつえ暖談食フェスタの時期に合わせて、地元の松江商工会議所青年部有志が特設。

会場は松江港湾内白鳥号のりば近くの「かに小屋」と、カラコロ広場の「山陰松葉ガニ小屋」の2ヶ所あります。場所と営業時間が微妙に異なるので、食べに行く時は注意して下さい。

【かに小屋】

営業日:2015年は1月17日(土)~3月7日(土)
営業時間:11時~22時
場所:松江港湾内白鳥号のりば近く(松江市朝日町)

かに小屋の地図

【山陰松葉ガニ小屋】

営業日:2015年は1月17日(土)~3月7日(土)
営業時間:17時~21時(1月17日18日を除いた金土日は11時~15時のお昼も営業)
その他:2月期間中はまつえ暖談食フェスタのチケットも利用できます。
場所:カラコロ広場仮設テント(松江市末次本町110)

山陰松葉ガニ小屋

実際に食べた人の口コミ・評判

実際にかに小屋を満喫した人の感想をまとめました。

毎年県内外から多くの人が訪れており(昨年は6,500人が来店)、土日になると満席になる可能性も高いので「確実に美味しい松葉ガニを安く食べたい」という人は、事前予約をおすすめします。

ベニズワイガニの旬到来!境漁港など各地で今季初水揚げ・初競り

【2014年9月8日】

秋の訪れを告げるベニズワイガニ漁が、9月1日に鳥取県境漁港を始めとした各地で解禁されました。資源保護の為、毎年7~8月を禁漁時期としています。今季の漁期は9月1日から来年5月末または6月末まで。

富山県射水市の新湊(しんみなと)漁港では2日、カゴ網漁で初水揚げされたベニズワイガニ2,988匹が床一面に並びました。

新湊漁協によると初日の水揚げ量は去年よりも300匹ほど多く、体長は40~80cm程度と大きさは例年並。値段は最高値で1匹2,500円ほどになりました。
最盛期は11月から来年1月まで。漁期は来年5月末までとなっています。


関西・近畿地方では唯一の水揚げ地である兵庫県香美町にある香住(かすみ)漁港では4日に今季の初競りが行なわれました。

初日の水揚げ量は約25トンで、1ケース(30kg)は9,000円~3,500円、最高競り値は1匹7,000円で、例年より約2,000円高い結果になりました。総販売額は約1,160万円。漁期は来年5月末まで。

ベニズワイガニは水っぽく鮮度が落ちやすい為、缶詰として加工されることが多いのですが、地元では香住漁港でとれたベニズワイガニを「香住ガニ」としてブランド化しています。

20日には香住漁港で恒例の「香住ガニまつり」、10月6~19日の期間限定で神戸・三宮、元町のパスタ店など10店舗で「香美町カニパスタフェスタ」を開催予定です。


ベニズワイガニの漁獲量が日本一を誇る鳥取県境(さかい)漁港では、6日に初水揚げがありました。初日の漁獲量は34.2トンで、今季は気温が低めなので鮮度は上々とのことです。

初競りの結果は1ケース(30kg)あたりの価格は、加工用で5,900~7,000円、スーパー・量販店での姿売り用は19,000円~40,000円で、平均価格は7,500円。最高値は大型のカニを詰めた4万円と、それぞれ例年並みの価格になりました。

境港市にある水木しげる記念館前では7日に初物試食会が開催。ゆでガニとカニ汁の計800人分が観光客などに振る舞われました。

境港は水揚げ量の約6割を占めていますが、資源回復の為に今季は昨年と同じ9,400トンあまりの漁獲量を予定しています。漁期は来年6月末まで。


秋の味覚ベニズワイガニ 約3000匹初水揚げ – チューリップテレビ

「香住ガニ」初競り 港に秋の気配 – 神戸新聞NEXT

鮮やかな紅色 境漁港でベニズワイガニ今季初水揚げ – 山陽中央新報

花咲ガニの時期到来!北海道根室で漁が解禁、初競りの最高値は1kg3380円

【2014年7月14日】

根室半島沿岸で夏の訪れを告げる花咲ガニ漁が始まりました。
11日にカニかご漁船3隻が花咲(はなさき)港、歯舞港に合計800kgを初水揚げしました。

例年は約20隻が水揚げを行ないますが、台風8号の影響で出港を見合わせる船が多く、水揚げ量は昨年の1/10で、出漁した船が1隻だけの花咲港では水揚げも193kgに留まりました。

水揚げ量の少なさから、初競りの最高値は昨年の2倍を越える1kg3,380円。
花咲ガニは1キロ約1,000~4,000円で店頭に並びました。市場関係者によると「形も身入りも上々」とのことです。

花咲ガニの時期は釧路では3月~7月、根室は7~9月と漁期が決まっており、根室の花咲ガニ漁期は7月11日~9月20日となっています。

“花咲ガニの時期到来!北海道根室で漁が解禁、初競りの最高値は1kg3380円” の続きを読む

2013年11月6日の解禁日にズワイガニ漁始まる

冬の味覚として知られるズワイガニの漁が11月6日午前0時に解禁されました。
富山県から島根県沖の日本海でのズワイガニ漁の解禁日は、例年通り11月6日でした。

水産庁によれば今年の富山~島根の日本海沖に生息するズワイガニ・メスのズワイガニ・水ガニの数は約15,000トンと、2007年と比較して半分以下の見込みです。

今年は食べられるカニの量が少なくなることで、カニの値段が上がる可能性が高いと言えます。

日本各地のかに事情

ズワイガニで有名な「石川」「福井」の今年のかに事情をまとめました。

オスのズワイガニは例年通り2013年11月6日~来年の3月いっぱいですが、メスのズワイガニや、脱皮して間もないオスのズワイガニ「水ガニ」は漁期が短縮されています。

加能ガニ

初漁獲となった石川県産ズワイガニ「加能ガニ」と「香箱ガニ(コウバコガニ)」は、7日に店頭に並びます。

メスの香箱ガニは、資源保護の為12月29日まで(例年1月10日まで。21年ぶりの短縮)、オスの加能ガニは例年通り3月20日まで漁が続きます。

水ガニは1年後に堅蟹として出荷できる為、2014年2月1日~3月10日と、例年よりも漁期が短くなっています(例年1月11日)。

メスの香箱ガニは元々希少価値が高いカニなので、石川県産ズワイガニの中でも香箱ガニの価格が高騰する可能性が高いです。

越前がに

「越前がに」で有名な福井県産ズワイガニは、今年は不漁な見込みです。
今年度の漁獲量は漁期の短縮の為「オス、メスともに昨年度を下回る」と予想されています。

昨年度が豊漁の為、カニの取り残しが少なかったこと、成長して今年から漁獲対象になる大きさのカニが少ないことが原因です。

ただし1年後に漁獲対象になる大きさのカニは充分に生息しているようなので、来年度以降に期待したい所です。

今年はメスのズワイガニと、脱皮して間もないオスのズワイガニ「水ガニ」の漁期は短縮さてます。

メスのズワイガニは11月6日から12月31日までと例年より10日短くなっています。
メスのズワイガニを食べたい人は、今年中に食べる手配をしておきましょう。

水ガニの漁期は2014年2月1日から3月20日までと、例年より解禁日が3週間遅れています。

身がしっかり詰まって甲羅の堅いオスの「堅蟹(かたがに)」の漁は、例年通り2014年3月20日まで行なわれます。

●水族館に黄色タグ持参で500円割引

越前松島水族館 /></p>
<p>越前がにの解禁に合わせて、<a href=越前松島水族館(福井県坂井市)では地域活性化のユニークな取り組みを行なっています。

越前がにの脚に付いた黄色タグを持って、越前松島水族館へ入館するとタグ1個につき入館料が500円お得になります。

割引価格は高校生以上が1,300円、小中学生が300円、3歳以上は無料。
「越前がに」と記載されているタグならば、水揚げ先漁港がどこでもOKです。

越前松島水族館では、イルカショーやペンギンのお散歩タイムなどが楽しめます。

2013年11月5日~2014年3月19日は9時~16時30分で開館。
年中無休なので、越前がにを食べに近場まで行った時は是非とも訪れてみて下さい。

●北國新聞 コウバコ漁期短縮 石川県内21年ぶり
●富山新聞 豊漁願い出漁 カニ漁解禁 
●読売新聞 雌カニ漁 期待薄

“2013年11月6日の解禁日にズワイガニ漁始まる” の続きを読む