口コミ!かに通販人気ランキング

かにを食べに行こう
HOME 》かにを食べに行こう 》城崎で温泉✕かにを堪能!JRのかにカニ日帰りエクスプレスは評判通りのおすすめ旅行プランだった

かにを食べに行こう

城崎で温泉✕かにを堪能!JRのかにカニ日帰りエクスプレスは評判通りのおすすめ旅行プランだった

カニ旅行におすすめなかにかに日帰りエクスプレス

【2015年11月16日公開】
「手軽な料金で、カニ料理と温泉を日帰りで楽しめる」と毎年多くの人から好評判を集めているのが、JR西日本が冬季に実施するかにカニ日帰りエクスプレスです。

JRの乗車券&特急券(指定席)と食事券がセットになった旅行プランで、「北陸」「城崎温泉・天橋立」「山陰」の3方面、全73施設で利用できます。

実際に11月中旬に利用して、城崎へ行き、温泉とかに料理を楽しんできました。

「良く駅の宣伝で見かける『かにかに日帰りエクスプレス』ってどうなの?」と思っている人のお役に立てれば嬉しいです。

11月中の出発が断然お得

ズワイガニの漁期の中でも、カニ食べ旅行のハイシーズンは12月と1月です。

「11月に行くのは、まだ早いかなー」と思う人も多いかもしれませんが、かにカニ日帰りエクスプレスは11月中の出発が断然お得です。

11月7日~30日に、京阪神・滋賀・奈良・福知山・岡山・福山エリアから出発すると500円分の商品引換券平日限定特典が受けられます。

500円分の商品引換券が貰える

500円分商品引換券

出発駅や到着駅にある「キオスク」や「ハート・イン」などで使える500円分引換券がもらえます。

JR西日本のコンビニは、キオスクからセブン-イレブンに取って代わられようとしていますが、駅構内にある「セブン-イレブン キオスク」でも使えます。

1人に1枚貰えるので、朝食や昼ご飯、おみやげの購入に活用できますね。

会計時のレジで渡すと「かにカニクーポン」として、1枚ごとに500円の割引をしてくれます。

かにカニクーポン

引換券やお釣りは返ってこないので、1人500円以上の買い物をすると無駄がありません。

電車内で食べる用の昼食とおやつを購入。2人で1,300円ほど使いました。

アントレマルシェで買った食べ物など

利用可能なお店は「500円分商品引換券引換店舗」のステッカーが目印。

500円分商品引換券引換店舗

※新大阪、京都、米原駅の新幹線改札内では使えないので要注意です。


1.大阪駅

アントレマルシェ

大阪駅構内で使えるお店でも、中央改札口近くにある「アントレマルシェ」は、No.1の広さと品揃え。お弁当やお菓子、お土産(大阪土産が中心)が選び放題です。

2.京都駅

セブン-イレブン キオスク

駅構内のセブン-イレブンとキオスクならば問題なく使えます。

構外だと近くの伊勢丹(ISETAN)系列の店舗が多い為か、ステッカーが貼ってあるお店が、見当たりませんでした……。近くのコンビニには「ベルマート」もあるのですが、多分、対象店舗外。

3.城崎温泉駅

キオスク

店舗はやや小さめ。城崎温泉のお土産も少し取り扱っています。

平日限定特典も

平日に北近畿・北陸・山陰エリアの対象施設(≒かに料理を食べるお店)を利用すると、一人一つの特典が用意されています。

例えば……

  • ソフトドリンクやお酒が1杯無料
  • お造りの3種盛りが5種盛りにアップ
  • 地元の特産品(海産物、お菓子)を進呈
  • 店内カフェ5%OFF

今回は休日(土曜)に行ったので、平日特典が何もありませんでしたが、平日に休みが取れる人は、是非とも利用してみてください。

他にも期間限定で「北陸」「城崎温泉・天橋立」「山陰」の3方面ごとに、プレゼントや特典があります。

【北陸】11月7日~12月27日
対象店舗で割引や粗品などのサービスが受けられる「おもてなしBOOK」をプレゼント。

【城崎温泉・天橋立】11月7日8日14日15日
かにカニはまかぜ号の利用で、車内な着地でおもてなしを用意。

【山陰】11月7日~翌年2月25日
鳥取、三朝温泉、はわい温泉を利用した人の中から抽選で海産物をプレゼント。

京都から城崎温泉へ

はしだて・まいづる

京阪神エリア(大阪・京都・神戸)から、かにカニ日帰りエクスプレスを利用して城崎方面へ行く場合、出発駅によってルートが変わります。

  • 播但線:大阪⇔城崎温泉
  • 福知山線:新大阪⇔城崎温泉
  • 山陰本線:京都⇔福知山(乗換)⇔城崎温泉

私の住まいは大阪にありますが「大阪⇔京都は、金券ショップで昼得きっぷを買って行った方が安い」「一緒に行く相手が京都在住」ということで、京都⇔城崎温泉の発着コースを選びました。

先に散策&温泉ならば「イブニング」がおすすめ

かにかに日帰りエクスプレスのプランは、希望や予算に応じてプランが選べます。

【特選極み・極みプラン】
食事は個室&料理がハイグレード。子どもプランは無し。

【くつろぎ】
食事が個室。

【和み】
美味しいカニがお得な値段で食べられる。

【湯ったり】
施設利用時間が長めで、食後に個室でくつろげる。
子どもプランは無し。北陸方面に限定。

【イブニング】
出発時刻が遅く、食べる時間が遅め。城崎温泉方面に限定。

「城崎でかに料理と温泉を楽しもう」という人は、イブニングプランがおすすめです。

・電車の出発時刻が9時30分~10時30分頃と遅い為、朝の出発に余裕ができやすい。

・城崎温泉駅到着後、かに料理を食べるまでに2時間ほど余裕があるので、散策や外湯巡りができる。他のプランだと着いてすぐに食事になるので「先に温泉に入りたい!」という人にも向いています。

・到着時刻が他のプランだと18時~20時とちょっと微妙な時間になるのに対して、イブニングプランは20時~21時と夜遅いので「後は帰って寝るだけ」がしやすい。

城崎温泉に到着

城崎温泉駅

かにカニ日帰りエクスプレスののぼり旗

イブニングプランには各施設からの送迎バスがないので、自力で食事処までたどり着く必要があります。

城崎温泉駅から御所の湯までであれば、散策気分で疲れることなく歩ける距離だと思います。

散策と温泉を楽しむ

城崎温泉駅のすぐ前にある「湯飲場」。
ナトリウムやカルシウムを含み、慢性消化器病と慢性便秘症に効果あり。

湯飲場

町並み。

城崎温泉の通り

「旅館でカニを食べる前に、腹ごしらえでカニや海の幸が食べたい」という人におすすめなのが、お食事処いなば

お食事処いなば

入り口

鮮魚屋「いなば鮮魚店」が営んでいるので、とれたて新鮮な海の幸がリーズナブルな料金で味わえます。

メニュー表

焼きガニ800円。ラムネ150円。

焼きガニ

焼きカニ身

かには見た目以上にお腹にたまらないので、温泉前に1~2品くらい食べても大丈夫です。


城崎温泉に来たならば、1つは入っておきたい「外湯」。

外湯は城崎温泉駅から近い順に「さとの湯」、「地蔵湯」、「柳湯」、「一の湯」、「御所の湯」、「まんだら湯」、「鴻の湯」となっています。

地蔵湯

地蔵湯

御所の湯

御所の湯

外湯によって場所や料金や営業日時が異なるので、城崎温泉へ行く日時に合った外湯を選んでみてください。

外湯営業のご案内

1つの外湯あたり30~40分くらいあれば、ちょうど良い感じ。

かにかに日帰りエクスプレスは名前通り「日帰り」なので、入れる温泉は1~2くらいを目安に考えておいてください。

利用施設によっては、館内温泉に無料で入浴できたり、外湯めぐりで使える外湯券を一人1枚プレゼントしてくれたりします。

ちなみに香住海岸、竹浜、佐津、浜坂まで足を伸ばす場合、帰りのみですが城崎温泉駅で途中下車が可能です。

上記の方面はかに料理は大変豪華なのですが、温泉に関しては城崎温泉よりは劣ってしまうので「最後は雰囲気の良い温泉に浸かって帰りたい」という人は、是非とも利用してみてください。

豪華かに料理を味わい尽くす

今年イブニングプランを行なっているのは「しのゝめ荘」と「つちや旅館」の2店舗。

今回は「駅から近い」「ズワイガニの姿が付いている」「内湯(岩風呂)に入れる」という理由から、しのゝめ荘を利用しました。

しのゝめ荘

献立は「茹でかに、お造り、カニすき大鍋、カニ小鉢、焼きガニ、カニ茶碗蒸し、雑炊、香物」と何とも豪華なカニ尽くし。

ズワイガニの姿

かに料理

焼きガニ

かにすき

1日でかに2杯分は食べました……。
しのゝめ荘では自家栽培の新鮮野菜を使用しており、野菜も甘くて美味しかったです。

料理法によって、カニの味や甘さ、食感が全く異なり、最後の最後まで美味しく食べられました。

お土産は大幸商店で10%OFF

大幸商店(だいこうしょうてん)

城崎温泉散策特典として、レジで帰りの切符を提示で大幸商店(だいこうしょうてん)での買い物が10%OFFになります。

10%OFF

活きカニの他、城崎やカニ関係のお土産も取り扱っているので「家族や友人、会社の人に何かお土産買っていかなきゃ……」という時は、ちょっと覗いてみてください。

店内の様子

2階には飲食スペースがあり、飲食利用の場合は5%OFF。
「少し何か食べたいな」と思った時にも利用してみると良いかもしれません。

営業時間は冬期は8~18時ですが、イブニングプランでも早め早めに行けば大丈夫です。

いかがでしたか?

今まで城崎温泉は「泊まりに行く所」というイメージが強かったのですが、実際にかにカニ日帰りエクスプレスを利用してみると、充分に日帰りで楽しめるところでした。

11月は雪が全く降らないので「大雪による電車の大幅な遅れ/運転休止」の心配が無く、多少の雨模様でも、それはそれで風情があります(露天風呂は雨に打たれますが……)。

前回、城崎温泉に行った時はまれに見る大雪で「電車が城崎温泉まで行かない」という事態に巻き込まれたのを考えると、何の障害も無く城崎を満喫するのであれば、お得な特典付きもある11月出発が最善策だなと思いました。

正直、かに料理の豪華さや、コストパフォーマンスだけを考えると「香住まで自由席&自力で食事処の予約」も良いのですが「何の面倒もなく、カニと温泉を楽しみたい」という人は、JRのかにカニ日帰りエクスプレスをおすすめします。

きっと良い一日が過ごせると思います。

かに本舗