口コミ!かに通販人気ランキング

食用カニの種類
HOME 》食用カニの種類 》松葉ガニ=ズワイガニ?地域によって変わるブランドかにまとめ

食用カニの種類

松葉ガニ=ズワイガニ?地域によって変わるブランドかにまとめ

ブランドかにまとめ

ズワイガニは「オス・メス」「水揚げ場所」などによって名前が異なることが多いです。
ややこしいズワイガニの名前、ブランド名をまとめてみました。

ズワイガニのオスの名称

  • ヨシガニ(山形・庄内浜)
  • 越前ガニ(福井・越前漁港)
  • 加能ガニ(石川・金沢港、橋立港)
  • 松葉ガニ(島根、鳥取、兵庫、京都)

松葉ガニの中でも、地域によってブランド名が付いていることがあります。

  • 間人ガニ(京都府丹後町・間人漁港)
  • 津居山ガニ(兵庫・津居山港)
  • 柴山ガニ(兵庫・柴山漁港)
  • 隠岐松葉ガニ(島根・隠岐諸島)
  • 鳥取松葉ガニ(鳥取)

ズワイガニのメスの名称

  • クボガニorメガニ(山形・庄内浜)
  • 香箱ガニ(石川)
  • セイコガニ(福井)
  • コッペガニ(島根、鳥取、兵庫、京都)
  • 親ガニ(鳥取)
  • セコガニ(山陰地方)

タグ付きはブランドかにの証

料亭やホテルで出されるかにの中には「タグ付き」であることを強調している所もあります。
かにの足にタグを付けることで、その港で水揚げされたカニであることを証明しています。

タグ付きは富山湾から西の日本海側の港で良く用いられています。例えば間人ガニは緑タグ、津居山ガニは青タグと言うように、色でどこで穫れたかになのか分かるようになっています。

「タグ付きのズワイガニ=ブランドかに」として、高値が付いて世に出回ることが多いです。
タグ付きは水揚げされた港の場所を証明するもので、味や品質についてはまた別問題なことは知っておいて損はないと思います。

かに本舗