北国からの贈り物

買ったらすぐ冷凍!種類別かにの保存方法と賞味期限

このエントリーをはてなブックマークに追加

かにの保存方法

かには買ってからすぐ食べるのがベストですが、保存さえきちんとしておけば、日が経ってもそこそこ美味しく食べられます。

かにの保存方法と賞味期限についてまとめてみました。

タイプ別かにの保存方法

茹でたボイルかに、冷凍カニ、かにみその保存方法を説明します。

基本的に冷蔵庫で保存することが多いですが、その場合は2~3日しか日持ちしません。
ある程度、長期的に保存したい場合は冷凍保存をします。

ボイルかに

生や活きたかにの場合、一度ゆでてから冷凍するのが基本です。
やはり鮮度が落ちてしまうので、1~2週間程度で食べ切るようにしましょう。冷蔵庫だと1~数日しか保存できません。

殻付き、殻をむいたカニ身の両方とも冷凍できますが、殻をむいてほぐしたカニ身の方が、後々の料理の手間が省けて便利です。

キッチンペーパーや新聞紙、ラップなどを使って、かにの水分を逃がさないようにグルグルにして包みます。その後、アルミ製のバットの上に置いて冷凍します。

冷凍カニ

通販で買うことの多い冷凍カニは、鮮度維持の為、届いたらすぐに冷凍室へ入れてしまいます。
パック包装してあるものはそのままで、包装なしならラップなどを巻いて空気に触れさせないように保存します。

家庭用の冷凍室ならば、賞味期限は2週間~一ヶ月です。

業務用の冷蔵庫に比べて冷凍室の温度が高く、頻繁に開け閉めされます。
その為、品質が一定にならず鮮度が保ちにくいので、賞味期限に関わらず早めに食べてしまうのが良いです。

冷蔵庫へ入れるのは、自然解凍をする時だけ。
解凍したカニを再び冷凍するのは味が落ちてしまうので、料理に使う時に食べる分だけ解凍して使います。

かにみそ

かにみそは冷凍保存に不向きなので、丸ごと一杯の姿かにを冷凍する前に抜き取っておきます。

不向きとは言え、冷凍できない訳ではありません。
取り出したかにみそを容器に入れて、冷凍室で保存します。

カニ身よりも痛みやすいので、早めに食べ切るようにしましょう。
傷んでいるかにみそを食べたり、冷凍したりするのは危険です。

長持ちさせたい時は真空パックで

かにを冷蔵・冷凍保存する時は、容器に入れたり、ラップやキッチンペーパーで包んだりします。
それ以上に効果的なのが真空パックにするやり方です。

空気を抜くことで真空状態になり、空気がないことで、かにを長時間鮮度の良い状態に保てます。
真空パックは、専用のポンプや家庭用の真空パック器を使う方法があります。

通販でついついかにを買い過ぎた場合も、保存方法さえ気をつけていれば、何度もかにを美味しく食べられます。

かに本舗

カテゴリ:かに料理